落ち込んでいる男性

トリコモナスはトリコモナス原虫が原因の性病であり、婦人科などにおいて比較的ポピュラーな病気です。膣はもちろん子宮頸部や下部尿路、男性の場合は前立腺に侵入し、ピンポン感染を起こすことが多いので予防が必要です。男性と比較すると女性で症状が強いことがあり、トリコモナスやHIV、卵管炎などの骨盤内感染症などと関係しています。早産や前期破水といった妊娠経過への影響が注目されており、男女共自覚症状がないことが多いのでいつうつったか分からないことが多い性病の一つです。トリコモナス治療薬を使って早い段階において治療することが大切です。

トリコモナスってどんな性病?

トリコモナスはトリコモナス原虫が原因の性病で、女性の膣や子宮頸部、男性の前立腺などにも侵入し、ピンポン感染を起こすことが多いです。女性の方が症状が強いことがあり、再発を繰り返すことが多いでしょう。再発の経過に関して原虫の残存によるものや隣接する臓器からうつることが多いですが、パートナーからうつされることもしばしばあります。感染者の年齢層が他の性病と違って非常に幅広く、中高年者に見られることもあり無症状のパートナーからうつることが多いです。オーラルセックスなどの性交渉でうつりますが、性交経験のない人や幼児もうつるすることがあり、このような場合タオルや入浴、トイレによる家庭内感染が疑われるでしょう。原虫は乾燥には弱いですが、水中では長時間感染性があると言われていて、保持している妊婦から新生児へうつることもあるので注意が必要です。

膣炎はトリコモナスはもちろん、臭いの原因になる嫌気性菌や大腸菌、球菌が増殖した混合感染の形態などをとることが一般的です。膣炎の病態や臨床症状などは混合感染から作られているとされています。治療することによって原虫が減少したり消失するので、再びデーデルライン桿菌が優位になり他の細菌を発育抑制することが可能です。減少し膣内の状態が改善されると治癒に向かうでしょう。子宮膣部は発赤したり、粘膜下の血管は浅くなり接触した時出血をしやすくなる特徴があります。尿道や陰茎包皮、前立腺や精巣などに寄生するとほとんど自覚症状がなく、無症状でも尿道の分泌物や炎症などが多くなり、潜伏期間は10日前後あるので淋菌よりも長いです。男性の場合、前立腺炎を持っているとが多くトリコモナスは前立腺炎や精嚢に棲息しています。この場合は尿道に出てくることによって、少量や中等量程度の分泌物のある尿道炎症状が現れるでしょう。パートナーが保持していると、自覚症状がなくても治療の必要があります。女性の場合症状はいろいろあり、半分は自覚症状がない場合がありますがその1/3は6ヵ月以内に何かしらの症状が現れるので注意が必要です。症状が進行すると次第におりものに血が混ざるケースもあります。泡状の悪臭の強いおりものが増えたり、外陰・膣などに刺激感があったり強いかゆみを起こします。

フラジールの効果・効能

フラジールはトリコモナス症などのさまざまな病気の治療薬です。幅広い適応菌種があり、特にトリコモナスに対して有効性は96.4%と高い効果を発揮しています。有効成分であるメトロニダゾールを使用していて、アボットラボラトリーズ社から製造・販売されています。原虫の再出現率を抑える効果があり、二次感染による悪化を予防することが可能です。細菌性腟炎や偽膜性腸炎・嫌気性菌などの幅広い適応を持っていて、国内では1961年に承認されました。フラジールはトリコモナス治療の第一選択薬として50年以上使われ続けており、症状の悪化を抑えることができたり予防することが可能です。フラジールは飲み薬と膣錠があり、治療には飲み薬が効果的です。菌は膣内はもちろん尿道にも拡がることが多いので、膣錠を利用すると治療薬の効果を膣にだけ届けることになります。確実に性病を治療するには全身において作用することができる飲み薬が有効的です。

フラジールは症状改善や抗菌作用に特化していて、菌に対する有効性は高く治癒力は承認時に行われた臨床試験により実証されています。発症すると膣内の環境を良好に維持してくれる善玉菌の働きを弱めてしまうので、他の病原菌に無防備な状態になってしまいます。このような理由で二次的に膣の炎症が悪化したり、性器から悪臭などが出現するようになるのです。膣内の善玉菌機能に衰えが出てくる中高齢者の場合、治療と平行しながら他の細菌も治療しなければいけないケースがあります。フラジールは適応菌種が広く原虫に対してはもちろん、膣内で二次的に起こす嫌気性菌に高い殺菌効果を持っています。有効成分であるメトロニダゾールは原虫に取り込まれると、酸化還元系により還元反応を受けニトロソ化合物(R-NO)と呼ばれている有機化合物に変化することが可能です。このニトロソ化合物が原虫に対し殺菌作用を発揮し、メトロニダゾールが作用するプロセスにおいてヒドロキシラジカルと言う活性酸素が生じます。このヒドロキシラジカルは原虫のDNAを切断することができ、生き物の生命活動に必要なDNAが切断されることかららせん構造のバランスが乱れ原虫を死滅することが可能です。おりものなどに何かしらの異変を感じたら、すぐに医師に相談することをおすすめします。

フラジールはトリコモナス以外にも効く

フラジールはトリコモナスなどのいろいろな原虫や菌類による病気に対して、高い治療効果を発揮する抗原虫薬です。抗菌や抗原虫作用によって病原体を除去することができ、性器のかゆみや痛みなどを改善することができます。おりものの異臭や増加、排尿痛といったいろいろな不快な症状を改善することができ、他の病原菌が原因になる二次感染を予防することが可能です。いろいろな病気の治療薬として利用することができ、細菌性腟炎や偽膜性腸炎、嫌気性菌や赤痢アメーバ症などの幅広い適応を持っています。殺菌効果を発揮する作用機序はやや独特で、通常の抗生物質が効きにくいような細菌や原虫に対して有効的に作用することができるでしょう。効能・効果に関して、嫌気性菌や腸炎、細菌性腟症やヘリコバクター・ピロリ、アメーバ赤痢やランブル鞭毛虫などに対応することが可能です。適応菌種としてペプトストレプトコッカス属やバクテロイデス・フラジリスなどがあげられます。有効成分であるメトロニダゾールは原虫に取り込まれると、酸化還元系から還元反応を受けニトロソ化合物(R-NO)と呼ばれている有機化合物に変化する仕組みです。このニトロソ化合物が原虫に対し、殺菌作用を発揮することができます。DNAが切断されることによってバランスが乱され、ヘリコバクター・ピロリや原虫などを死滅することが可能です。

フラジールの錠剤を分割し用途に合わせて用量を調整することが可能です。必ず1回分の用量をきちんと服用し、飲み忘れたとしても2回分まとめて飲まないようにしましょう。症状がなくなったとしても治療に必要な服用期間を守り、飲み続けることが大切です。服用期間中はアルコールはやめておくことが大切で、フラジールの有効成分はアルコールのアルデヒド脱水素酵素を阻害するので、血中アセトアルデヒド濃度をアップすることになるので副作用のリスクが高まります。生理中の場合でも使用することができ、原虫は血液を好むので生理中でも増殖するケースがあります。尚、膣錠を利用する場合、タンポンを使用すると薬剤がタンポンに吸収されることがあるのでタンポンの使用は控えるようにしましょう。遮光や気密容器・室温保存し、発泡錠になるので湿気を避けて保管することをおすすめします。

記事一覧
トリコモナス以外の性病の症状はどんなものがある? 2019年09月23日

トリコモナス以外にいろいろな性病があります。例えばクラミジアは咽頭の感染も含めて感染してから不快な症状が出るまで、1~4週間程度です。治療期間は最低2週間で、感...

フラジールはどこで買えばいい? 2019年09月20日

通常フラジールなどの医薬品を購入するには、病院へ行って処方してもらう方法になります。心身の悩みや何かしらの症状がある場合、病院へ行って専門家である医師に相談した...

フラジールはどんな感じでトリコモナスに効く? 2019年09月18日

フラジールは膣周辺の痒みやおりものの悪臭を症状にするトリコモナス症に改善することが可能です。抗菌作用を持っていて、トリコモナス原虫が原因となる症状改善に利用する...

そもそもトリコモナス症ってなに? 2019年09月15日

トリコモナス症は一般的に女性に強い症状が出る性感染症で、自覚症状がないケースが多く治療しないと他人にうつることがあるので注意が必要です。症状として女性の場合、強...

記事一覧
トリコモナス以外の性病の症状はどんなものがある?

トリコモナス以外にいろいろな性病があります。例えばクラミジアは咽頭の感染も含めて感染してから不快な症状が出るまで、1~4週間程度です。治療期間は最低2週間で、感...

2019年09月23日
フラジールはどこで買えばいい?

通常フラジールなどの医薬品を購入するには、病院へ行って処方してもらう方法になります。心身の悩みや何かしらの症状がある場合、病院へ行って専門家である医師に相談した...

2019年09月20日
フラジールはどんな感じでトリコモナスに効く?

フラジールは膣周辺の痒みやおりものの悪臭を症状にするトリコモナス症に改善することが可能です。抗菌作用を持っていて、トリコモナス原虫が原因となる症状改善に利用する...

2019年09月18日
そもそもトリコモナス症ってなに?

トリコモナス症は一般的に女性に強い症状が出る性感染症で、自覚症状がないケースが多く治療しないと他人にうつることがあるので注意が必要です。症状として女性の場合、強...

2019年09月15日