• ホーム
  • 性病はあなたの身近に存在する

性病はあなたの身近に存在する

性病はもともと特定の病気を示すのですが、近年性交渉によって感染する疾患全体を意味することが多くなっています。いろいろな抗生剤の開発によって以前より治療しやすくなりましたが、その反面気軽に性行為したり感染を繰り返すことによって、抗生剤が効かなかったり効きにくい病原体が増加している傾向があります。性病は身近に存在している病気で、自覚症状のない人が多いです。自覚症状の強い人は早期に医療機関において検査したり診療を受けることが大切で、他人に感染する前にきちんと治療を受け完治することが大事です。自覚症状のない人は治療が遅れたり感染を広めていることが多く、特に女性は自覚症状が弱いので性行為などによって知らず知らずに感染を広めているケースもあるでしょう。性病はもちろん感染症は病原体が体内に侵入しても必ず感染するというわけではなく、病原体が増殖したり免疫能力を超えてしまうと発症する仕組みです。感染のルートとして多くの場合、血液や唾液などの分泌物から感染し、傷や粘膜は体外からの侵入に弱いので病原体が入り込みやすい特徴があります。性行為は粘膜と粘膜を擦りつける動きになるので、傷ができやすいと言えます。病原体と傷や粘膜などへの直接的な接触がなければ感染する可能性は少ないでしょう。

現在性病で多いのが尿道炎で、排尿する際に痛みや痒みがあったり膿で下着が汚れる病気です。パートナーとの性行為やオーラルセックスで感染するケースがあり、もし違和感や不安感があるなら早めにクリニックにおいて検査を受けたり診断を受けることをおすすめします。その際パートナーと一緒にクリニックに行くことが良く、一緒に治療することによって再発を防止することが可能です。医療機関においていろいろな検査や診療を受けることができ、例えばクラミジアや淋病の場合、方法は男性の場合採尿で、女性の場合膣分泌物になります。結果が出るまでの期間として1~2日で、感染の心当たりがあった日から検査できるまでの期間として、性行為から2週間経過以降に検査することが可能です。ヘルペスの場合、方法は男性女性とも採血になります。検査から結果が出るまでの期間として5~7日になり、心当たりがある日から検査までの期間として症状が出ていればすぐに検査することが可能です。症状がない場合8週間経過以降に検査することができるでしょう。いろいろな検査キットも利用することができるので、自宅にいながら利用することが可能です。

関連記事
近年急増する「梅毒」その危険性 2019年12月19日

梅毒は梅毒トレポネーマが原因の性感染症で、肛門や唇などにしこりができ2〜3週間で消えます。しかし梅毒トレポネーマの菌が全身に広がっていて、赤茶色のできものや発疹などが現れてきます。倦怠感や発熱など全身症状が出てきて、不快な症状が広がってくるでしょう。梅毒は現在急激に感染者が増加していて、以前は減少傾...

皮膚や性器に起こる感染症「ヘルペス」 2019年11月20日

ヘルペスは男性よりも女性の方が症状が重いことが多く、痛みや発熱によって排尿困難や歩行困難などになることがあります。高熱が出たり陰部において水ぶくれや潰瘍ができ、痛みや痒みがあるでしょう。強い排尿痛といった症状があり、アナルセックスによって肛門周囲や直腸粘膜などにも症状が現れるケースがあります。ヘルペ...

最も多い性感染症「クラミジア」 2019年10月22日

クラミジアの主な症状として軽い痒みやおりものの増加があり、排尿時に軽い痛みを生じることもあります。自覚症状がないことも多く、陰部に痒みや不快感、排尿時に痛みなどを感じたとしても軽いため気付かないことが多いでしょう。クラミジアは感染率が高く、自覚症状が出にくいことから知らず知らず感染していることが多い...

トリコモナス以外の性病の症状はどんなものがある? 2019年09月23日

トリコモナス以外にいろいろな性病があります。例えばクラミジアは咽頭の感染も含めて感染してから不快な症状が出るまで、1~4週間程度です。治療期間は最低2週間で、感染する可能性が高い性病です。男性は尿道がむずむずしたり痒みをおぼえるようになります。女性の場合はおりものが増えたり、腹痛を起こしやすくなるで...

フラジールはどこで買えばいい? 2019年09月20日

通常フラジールなどの医薬品を購入するには、病院へ行って処方してもらう方法になります。心身の悩みや何かしらの症状がある場合、病院へ行って専門家である医師に相談したり診察を受けることによって症状に効く医薬品を処方してもらうことが可能です。その場合処方してもらう医薬品は日本の厚生労働省によって認可されたも...