• ホーム
  • そもそもトリコモナス症ってなに?

そもそもトリコモナス症ってなに?

患者と説明している医者

トリコモナス症は一般的に女性に強い症状が出る性感染症で、自覚症状がないケースが多く治療しないと他人にうつることがあるので注意が必要です。症状として女性の場合、強い悪臭がするおりものがあったり、白色や黄色の泡状が大量に出てくることが多いです。陰部が痒くなったり痛み感じることが多く、排尿時に痛みを生じるようになるでしょう。中には自覚症状がないこともあり、そのまま放置していると悪化することになるので、女性の場合はおりものなどに異変を感じたら医師に相談することをおすすめします。男性の場合は自覚症状がないことが多く、排尿時の痛みや頻尿を感じるぐらいです。まれに前立腺炎を起こすこともあり、尿道などにうつることがあるので注意が必要です。男性の場合は自覚症状が少ないので、パートナーの女性が感染していたり尿道に何か違和感を感じたら医師に相談することをおすすめします。妊婦の場合感染すると早産になることがあるので注意が必要です。

トリコモナスの病原体はトリコモナス原虫で、潜伏期は1~3週間です。おりものなどの分泌物を顕微鏡を使って検査することができ、必要に応じて培養検査や遺伝子学的な検査を受けることができます。治療には抗トリコモナス剤の治療薬や膣錠などを使って治療することが可能です。特に妊娠中の治療は医師の指示を守りながら続けることが大切で、医療機関で診断を受けパートナーも一緒に治療を受けることをおすすめします。経路は主に性行為で、免疫はできず何度でもうつることがあります。腟トリコモナス症になる人が多く、腟トリコモナス原虫が腟内に定着することによって起こる感染症です。他の性感染症と違って中高年の人にもしばしば見られることがあり、感染者の年齢層が幅広いのが特徴的です。腟トリコモナスは性行為はもちろんそれ以外の経路があり、お風呂やトイレなどを利用すると感染するケースもあるでしょう。性交経験のない人や幼児にも対象者がいて、潜伏期間は10日前後と言われています。膣トリコモナス症はトリコモナスに感染する母体から胎児に感染する垂直感染があるので注意が必要です。浴槽や下着、タオルやトイレなどに触れる機会があると感染するので注意しましょう。他の性感染症と同じく性行為でうつることが多いです、オーラルセックスでのリスクは低いと言われています。パートナー間で繰り返すピンポン感染が頻繁に起こるので、パートナーと一緒に治療することが大切です。

関連記事
トリコモナス以外の性病の症状はどんなものがある? 2019年09月23日

トリコモナス以外にいろいろな性病があります。例えばクラミジアは咽頭の感染も含めて感染してから不快な症状が出るまで、1~4週間程度です。治療期間は最低2週間で、感染する可能性が高い性病です。男性は尿道がむずむずしたり痒みをおぼえるようになります。女性の場合はおりものが増えたり、腹痛を起こしやすくなるで...

フラジールはどこで買えばいい? 2019年09月20日

通常フラジールなどの医薬品を購入するには、病院へ行って処方してもらう方法になります。心身の悩みや何かしらの症状がある場合、病院へ行って専門家である医師に相談したり診察を受けることによって症状に効く医薬品を処方してもらうことが可能です。その場合処方してもらう医薬品は日本の厚生労働省によって認可されたも...

フラジールはどんな感じでトリコモナスに効く? 2019年09月18日

フラジールは膣周辺の痒みやおりものの悪臭を症状にするトリコモナス症に改善することが可能です。抗菌作用を持っていて、トリコモナス原虫が原因となる症状改善に利用することができます。主に細菌性腟症などの治療に用いられる医薬品で、有効成分であるメトロニダゾールを原虫や細菌などが取り込むことによって、ニトロソ...